旅する日常

MENU
教室

自由に楽しく!

先日のフレンチレストラン”ポン・マリーさんでのシルクペインティングレッスンの様子です。
今回は何も決めず、自由に描きたいものを描きました。

お母様が残されたお花の絵をシルクに。
まずお花の形などを線画にすることから始めます。

下絵が出来たら今回は透明のグッタで線を入れていきます。
白い布に白い液体なのでちょっと見えにくいです。
KIMG1925 (2)

そして彩色。
KIMG1926 (2)

塩の効果とゴールドのグッタのアクセントでちょっと変化をつけて。
KIMG1928-1 (2)

シルクの上にアレンジしたお花の絵が完成しました!
KIMG1929 (2)

こちらはかわいい丸い形がたくさん。
一つづつ切り取って、あるものに使うそうです。
KIMG1919 (3)

ひとつづつ色を塗っていくのも楽しいですね!
KIMG1923 (2)

バックは面が全部つながっているので端から濡らしながら
乾かさないように塗っていきます。
KIMG1930 (2)

今回が初めての方も楽しんで頂けたようです。
KIMG1920 (2)

ティータイムは、秋らしい栗のムースなどでホッと一息。
KIMG1931.jpg

もうすぐこのクラスが始まって1年になります。

この月1回、3時間の間だけでも他のことは忘れて
楽しい時間を過ごしていただけたなら本当にうれしいです。

一人でも同じことはできますが
他の人たちと同じ時間を共有して楽しさを分かち合って、刺激も受け、
自分とは違うアイデアや考え方を知る機会、そして新しい自分の発見・・
大事にしたいと思います。

絵のうまい、へたなどは関係ありません。
とにかく発色がよく、色がきれいなのでそれだけでも気分が明るくなりますよ。

興味を持たれたらぜひ一度参加してくださいね!
お待ちしています!

詳しくはホームページのWORKSHOPでお知らせしています。



スポンサーサイト
教室

ぼかしのテクニック

KIMG1868.jpg

先日、吹田市のお花屋さん”花の”さんにて
シルクペインティングレッスンを開催しました。

ゴールドの線で下絵が描かれたシルクに
色を塗っていきます。

色を決めていくのも楽しいです。

KIMG1870.jpg

花びらのぼかしや葉っぱの濃淡は常に塗る面を乾かさないようにして
水だけ、または別に作った色でうまくなじませます。

KIMG1872.jpg

葉の部分などは塗る面が小さいので、先に濡らさずに、
乾かないうちに次の色を重ねながらぼかすと
色が自ら混ざり合ってよい効果を出してくれます。

KIMG1873 (2)

慣れてきたらこのテクニックでスピーディーに進めることができます。

筆は塗る度にバシャバシャ洗っていると画面が乾いてしまうので
それぞれの色ごとに決めた筆を使うのがポイントです!

バックのブルーの色は下から上へぼかしてみます。
線で区切られたひとつの面を全部塗り終えてから次の面へと進みます。

KIMG1875.jpg

上の部分はほとんど水だけに近い色で。

KIMG1876.jpg

ゴールドのグッタでサインを入れて完成です!

KIMG1879.jpg

乾いたらアイロンで色止めをします。

KIMG1880.jpg

今回も素敵な作品ができましたね!

KIMG1877.jpg


今月のレッスンは10月20日(金)レストラン”ポン・マリー”さんにて開催予定です。




該当の記事は見つかりませんでした。