旅する日常

MENU
フランス

アルル

BarTabacs
Bar-Tabacs(23×31cm)

レ・ボーLes Bauxへ行く前に立ち寄ったアルルも昔同じ時に
訪れ、路地裏の風景を初めてシルクに描きました。
その記事はこちらに

今回はメインの通りにある
お店を描いています。

レ・ボーへのバスに乗る前に少し
町を歩きました。

10587734696_f42622ef2d_z.jpg
10587721326_45041ae4e6_z.jpg
10587969633_44cc4d26b8_z.jpg
10587973143_db5ec27031_z.jpg

ゴッホが描いた”夜のカフェテラス”のカフェは
100年以上も前に描かれた絵の雰囲気を今も残しています。
10587963613_5a2d2446cb_o.jpg

ゴッホが求めた南仏の光の中で
ちょっとけだるい空気と
ゆったり動いている人達・・

その雰囲気に浸る間もなく
レ・ボー行きのバスへ乗り込んだのでした。




スポンサーサイト
フランス

プロバンスの思い出2

プロバンスの思い出2
プロバンスの思い出2>(30×30cm)

やっと太陽が戻ってきました!
でもフランス北部では洪水で深刻な事態になっています。

そろそろバカンスの話題が始まりますが
プロバンスの素敵な村など有名観光地は真夏ともなれば
さらに人、人、人・・・で溢れています。

この作品はレ・ボー・ド・プロバンスLes Baux-de-provenceの
村の中のお土産屋さん。
レ・ボーはアルルからバスで30分くらいでした。

フランスの美しい村の一つに数えられていて、
白い石灰岩の岩の上に張り付くように家並が並んでいます。

約20年前に初めて訪れた時の印象は
観光地ではあるけれど素朴な村でした。

迷路のような石畳の狭い道を散策するのは楽しいのですが
すっかりオシャレにツーリスト向けに様変わりしてしまって
村の生活感などは前のように感じられませんでした。

その中でこのお店は少し外観が変わりましたが健在でした。
店内もありとあらゆる南仏のお土産が所狭しと置かれています。

最初に描いた”プロバンスの思い出”
プロヴァンスの思い出

この作品の写真を持ってお店を訪ねたところ
大変喜ばれて今回もぜひ描いてね!と言われました。

こちらはシルクスクリーン版画として販売しています。

プロバンスには夏の真っ青な空が似合いますが
次にいつか訪れるなら、人の少ない秋頃?
全く違った時間の流れを感じるかもしれません。


作品

太陽はどこへ

Hida & seek
Hide & seek(86×39cm)

これは満潮時のマングローブの根の間をかくれんぼのように
様々な魚が泳ぎまわるイメージで描いたものです。
次回、沖縄、那覇のリウボウでの個展ではもちろん展示します。

イリオモテヤマネコ、いつか実際に見てみたいものです。

前回はじめて沖縄石垣島や西表島へ行った時は大雨に台風と、
おかげでかなり予定が狂ってしまってちょっと残念でしたが
素晴らしい自然に感動、忘れられない旅になりました。

只今フランス滞在中ですが
このところ南仏の太陽はなかなか顔を出しません。

毎日寒くて雨や曇の日が続き
各地で雷や洪水の大きな被害が出ています。

先ほどの空
IMG_1875.jpg

先日は朝から久々にいい天気!と思ったのもつかの間
その日はずっとうっとうしい曇り空に。
IMG_1872.jpg

イリオモテヤマネコのようなネコちゃんいました!
IMG_1852 (3)

日本では梅雨がありますが
とても南仏とは思えない気候です。

こんな日は工夫して楽しく過ごしたいものですが
食べ物でかなり気分がアップしますね。

30本くらい束になったアスパラを買って
シンプルに食べるだけで幸せ~。
IMG_1860.jpg

天気予報では明日からは太陽のマークが並び、
気温も上がりそうで期待できそうです。

実は今回が最後のフランス滞在となるので
いろいろ用事が多いのですが
たくさん思い出の詰まった場所でもあり
さらに良い思い出が増えるよう楽しみたいです!




該当の記事は見つかりませんでした。