FC2ブログ

旅する日常

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品

ドキドキの瞬間

DSC09408 (2)

今回はずっと美ら海シリーズを制作しています。

今日は作品の色止めを開始しました。
サイズの大きいものは一度に1枚しかできないので
完成したものから順に色止めしていきます。

作品をハトロン紙で巻いて蒸し器に入る大きさに折り畳み、
蒸気で1時間半から2時間蒸します。

一度に何枚も色止めできる筒のような器具もありますが
私は普通の蒸し器をずっと使っています。

色止めをしないと布に水滴が落ちたりするとシミになってしまいます。

めったにないことですが以前は布が一部濡れてしまったり
色が移ってしまったりと失敗もありました。
大きな作品だと本当にショックです。

DSC095471

だから蒸し器から出して色止めをした作品を見る瞬間はドキドキです。

そして開けた瞬間の鮮やかな色!にもドキドキです。
本当に発色が良く、かなり鮮やかな色になります。

大きな問題もなく終わりました。ホッと一息。

一段落ついたので、
ポワローのキッシュを作って夕方はリラックス、という今日の一日でした。

DSC09535.jpg

明日からも制作の続き、色止めと忙しくなりそうですが
お昼はキッシュを暖めるだけ!

ではよい週末をお過ごしください!







スポンサーサイト
フランス

ガレット・デ・ロワ

DSC09488.jpg

新年早々恒例のカーニバルも始まり、1月ももう半分過ぎようとしていますが
この時期にだけお菓子屋の店頭に並ぶのがガレット・デ・ロワ。

王様のケーキという意味ですが
東方からやってきた3人の王(博士)がキリストの誕生を祝ったことに
ちなんだお菓子で、年末から1月末まで売られていて、フランス人の10人中9人は食べるとか。

サクサクのパイ生地にアーモンドクリームが入ったものと(ウィンドウ下段)
ブリオッシュの上にドライフルーツがのったものがあります(ウィンドウ上段&上の写真)。
DSC09465 (3)

こちら南仏で初めて目にしたのはこの王冠の形のブリオッシュでした。
南仏はこのタイプが多いようです。

スーパーでも大量生産のものがクリスマス前から売られていました。

今はチョコレートのものやピスタチオなどいろいろ種類があり、
評判のパティスリーは趣向を凝らした新しいタイプのものを出すようです。
私は普通のシンプルなのが好きですが。

日本でのバレンタインのチョコのような一つの大きなビジネスになってるんですね。

中にはフェーブという小さなものが入っています。
陶器でできた人形などいろいろあり、
これが当たった人は王様でこの王冠をかぶります。

パイ生地のは年末に、ブリオッシュは先日食べました~。
フェーブには当たらなかったけどそんなことよりどちらもおいしい!
今しか食べれないと思うからよけいおいしいのかもしれません。

このでっかいドーナツのようなお菓子が並んでいるのはなんだかかわいくて
南仏らしいかも?こんな風に並べているのは初めて見ました。
DSC09463 (3)

こちらの1月の主な行事は
カーニバルと先週から始まったバーゲンと
ガレット・デ・ロワということで
仕事の合間にチョコチョコと外出して気分転換しています。









フランス

カーニバルで幕開け!

良いお正月を過ごされましたか?

今年もよろしくお願いします。

フランス南西部カルカッソンヌにほど近い小さな町リムーでは今年も
約400年続いているリムーのカーニバルが始まりました。

毎年1月から3月まで10週間にわたって週末にパレードが町を練り歩きます。
世界一期間が長いカーニバルです。

11時からなので早めに広場に向かったけど本当にカーニバル?と疑うくらい
普段通りなので川沿いの道を散歩がてら歩いて広場へまた向かいました。

特に新年という雰囲気もなく・・日曜日はいつも広場で野菜を売ってます。

DSC09461.jpg

DSC09441 (2)

広場へ戻るといつの間にかもう大勢の人が集まり、開会式が始まっていました。
最後にフランス国歌を斉唱していよいよ開催です。
DSC09434.jpg

これはちょっとコワいですがマスクは衣装に合わせて
美しく手が込んだものや様々なものがあり
フェコと呼ばれるグループと音楽隊が伝統音楽を奏でながら
踊るというのでもなく、同じ動きを繰り返し、
町の通りから広場へ進み、アーケードから広場の周りのカフェでストップ、
しばらくしてまた次のカフェへと同じことを繰り返します。
MAQ09437(2).jpg
MAQ09439(2).jpg
DSC09445.jpg
DSC09448 (2)
DSC09447 (2)

家に戻ってもこの音楽が耳に着いて離れなくなります。

伝統的な恰好はピエロのような衣装ですが
毎回違うグループがそれぞれの仮装で参加します。

大きな白い袋には紙吹雪が入っていて、近くにいると
襟元からどっさり入れられたりするので要注意!

以下は前回見に行った、各国から参加する”ワールドカーニバル”の日。
ブラジルのサンバグループが一番目立っていました。
IMG_0641.jpg
IMG_0642.jpg
IMG_0621 (2)
IMG_0635.jpg
IMG_0579.jpg

お店もカーニバルのディスプレイ。
IMG_0617.jpg

フェコのお面は右上に。
IMG_0575.jpg

カーニバル最後の日は全グループが集合して伝統の儀式を行い、
リムーの特産でもある発砲白ワイン、”ブランケット”を飲んで閉幕となります。

カフェでストップするごとに飲んでいるのはもちろんブランケットでしょうね。
年中あるイベントでは必ずブランケットがつきものです。

フェコのマスク、ここにもありました!
DSC09474.jpg

では良い一週間をお過ごしください!









該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。