FC2ブログ

旅する日常

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペイン

再びバルセロナ

約3カ月ぶりのバルセロナです。

フランスから帰国時、毎回ここで一泊します。
楽しみな最後の休日です!

今回はバルセロナに向かう列車が途中何回もストップし、
結局スペイン国境近くの駅で
全員別のホームの違う列車に乗り換えとなり
1時間以上遅れてバルセロナに到着しました。

そこでホテルに連絡が必要だったので公衆電話に向かった。
(スマホなどは持っていませんので!)

壊れていたに違いない電話と格闘、隣の電話でも困っていた男性と
駅構内のまともな電話を探し、かけ方を手当たり次第に通る人に聞き
やっと2人ともちゃんとかけることができました。

おかげで電話のかけ方一つ覚えました。
困っている人がいたら役に立つかもしれません。

しかしほとんどの人がかけ方知らないけれど
その人なりに一応いろいろやってみてくれるのです。

ますます混乱しましたがアリガトウゴザイマス!


さて今回はカタルーニャ・モダニズムを代表する作品のひとつ、
サン・パウ病院を見学。

バルセロナと言えばまずガウディ―のサグラダファミリアでしょうが
もう一人、リュイス・ドメネク・イ・ムンタネ―の代表建築、
サン・パウ病院とカタルーニャ音楽堂も人気です。

サグラダファミリアから伸びるガウディ通りの向こうに見える建物は病院とは思えません。
サンパウ病院1

正面入口の門とメインの建物。
サンパウ病院8

サグラダファミリアは碁盤の目に区切られたブロックの1ブロックが敷地となっていますが
サン・パウ病院はなんと9ブロックに相当する敷地に多くの建物が配置されています。
サンパウ病院2

見学出来るのは4年間の修復工事を経て2014年2月に公開が始まった
モダニズム区域と呼ばれる部分で1997年に世界遺産に登録されています。
サンパウ病院3

とにかく各建物の装飾が素晴らしいです。
人を癒す色としてピンクと黄色を取り入れ、華美でも落ち着く空間になっています。

ピンクと黄色は私も大好きな色です!

サンパウ病院14

可愛い!まるでお伽の国。
サンパウ病院11

サンパウ病院17

サンパウ病院18

微妙な色調のタイルを使った壁面や天井のモザイクは単に装飾という意味だけでなく
衛生面では掃除が簡単で、治療の面では人を癒す色彩効果を考えられています。

サンパウ病院13

地下通路から外に出ると様々な薬草や木が植えられた庭園に
統一された色調で各建物が配置されています。
サンパウ病院18

サンパウ病院15

窓のガラスには青い空が映り、ステンドグラスやモザイクに
バルセロナならではの光の効果が明るく快適な空間を作り出しています。
サンパウ病院6

旧看護分館。壁や床は淡い色合いのタイルで飾られ、患者の環境を第一に考えられています。
正面奥の当時の写真を見るとベッドが両側に仕切りなくズラッと並んでいます。
サンパウ病院16

まるで美術館のような病院。素晴らしい!

入院していてもこんな環境なら病人も家族も癒されるでしょうね。
2009年までは診療が行われていたそうです。
隣接の新しい病院は普通の病院の建物でした。

ここはサグラダファミリアほど全然混んでいなくてゆっくりと見学できました。

来るときは地下鉄で来たので、今度はガウディ通りをサグラダファミリアに向かいましたが・・・

最初正面に見えていたはずのサグラダファミリアが
いつの間にか見えなくなり、気がつけば全く離れた遠い所まで来ていました。
まっすぐ歩けば10分程度のはずが・・・。

なんとか自分のカンに頼って戻り、やっとサグラダファミリアそばの
地下鉄の入り口にたどり着きました。(地図を持っていてもほとんど見ない悪いクセ)

この暑い中、またまた歩きすぎてしまいました。

サグラダファミリアもどんどん完成に近づいていきますね。
サグラダファミリア

毎回変わっていく様子を見るのが楽しみです!


スポンサーサイト
スペイン

青と白のカダケス

青い地中海の夏
青い地中海の夏

コリウールはスペイン国境に近いフランスの漁村でツーリストも多い場所ですが
フランスに近いスペインの漁村カダケスも人気のリゾートです。
ここも、素朴で、ツーリストが多いけれど気取りのない素敵な町でした。

スペインは、バルセロナ以外では初めての旅だったのでよけい印象に残っています。

カダケスに行くにはフィゲラスの駅まで行ってバスで向かいます。
スペイン、バルセロナからは列車によって違いますが約1時間から2時間近くの距離です。
私はフランスのカルカッソンヌから行きましたが2時間くらいで着きました。

ダリの生地、フィゲラスの町にはダリの美術館がありますが、
バスの時間があるのでパス。
一日のバスの本数は少ないようです。

かなりな山道のカーブが続き、右に左に揺れながら1時間近く・・・
乗り物に弱い方は要注意です。

突然青い海と白い村が見えてきました。期待が高まります。
6月中旬で前日まで天候が荒れていたためホテルの予約を何度もキャンセルしては
また予約してやっと出発したので
お天気が心配でしたがまずまずの天気でした。

白い家とピンクのブーゲンビリア、透き通ったエメラルドグリーンの海、
どこからか漂ってくるガーリックと魚のおいしそうな匂い、
あちこちで出会うネコたち、気さくな地元の人たち・・・すっかり気に入ってしまいました。

48.jpg

27.jpg

18.jpg

21.jpg

13.jpg

デジタルでも描いてみました。
White heart     boat
White hearts          Cadaques cats

この小さな町で3泊は多いかなと思いましたが
毎日、歩き回って足りないくらいでした。

23.jpg

44.jpg

16.jpg

30.jpg

シルクペインティング!
22.jpg

ホテルそばのお店で食べたマグロのタタキのようなシンプルな一品。
オリーブオイルと塩のみで。盛り付けがシンプルすぎませんか?
15.jpg

24.jpg

海辺に立つサルバドール・ダリの像
19.jpg

ダリのデッサン
40.jpg

町の中心から少し離れた入り江のそばの
ダリがガラ夫人と暮らした卵の家も一見の価値ありです。

31.jpg

日本人の画家の方がここに住み着いて作品を描いているということでしたが
通りがかりのギャラリーやホテルで作品を見かけました。

帰る日の朝、カフェでコーヒーを飲んでいると、
偶然、それらしい風貌の日本人が入って来られました。
すっかりこの地になじんでいるようで誰でも知っている存在なのだとわかります。

私にとっても、どこを見ても絵になる、それに居心地がいい
もうしばらくの間滞在したい場所でした。

白い家
Casa blanca(シルクペインティング)

その他のカダケスの写真の一部はこちらのFlickerのアルバムにも掲載しています。
旅行時期は2010年でした。



スペイン

バルセロナで一息

IMG_1504 (3)

半年ぶりのバルセロナ。

サンツ駅から列車でフランスへ向かいます。

出発時間までの間、駅のパン屋兼カフェでビールとサンドイッチで一息。

これがまた想像以上においしくて長旅の疲れが吹き飛びました。
パン屋の隣はイベリコ豚のお店で見るだけでも楽しい。

いつもはバルセロナで一泊してから翌日の列車を利用するのですが
今回は同日に一気にフランスへ向かいました。
目的の町は南仏といっても西の方でスペインに近いのでバルセロナからが近いのです。

やっぱりちょっとハードでした。

重い荷物がなければ問題ないけれど、重いスーツケースを持ち上げて
乗り降りをしないといけない列車が多く、いつも利用する駅はエレベーターやエスカレータ
もなく体力がいります~。

これがバカンス時期だと人の多さで疲れも倍になるところ。

列車の中、駅の窓口、その他でいつも通りろいろありましたがとりあえず無事到着。

とにかくまたフランスでの日常が始まりました。

ヒーターもONにして冬のような5月です。



このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。