旅する日常

MENU
教室

第5回目のシルクペインティング体験レッスン

KIMG1292.jpg

5月のシルクペインティングは
動物を描きました。

色を塗った時の防波堤の役目を果たすグッタ(又はレジストとも言います。)
の色はゴールドです。

下絵をシルクに鉛筆で写して
木枠に張り、線を入れていきます。

KIMG1262.jpg

KIMG1266.jpg

グッタの線をドライヤーで乾かして
いよいよ色を塗っていきます。

ワクワクします!

KIMG1263.jpg
KIMG1264.jpg

サンプルは参考までに。
それぞれ同じ絵でも個性が出ます。

KIMG1272.jpg
KIMG1270.jpg
KIMG1265.jpg

ベタに塗り絵のように塗っても楽しいですが
ちょっとしたテクニックで絵が生き生きとしてきます。
ぼかしなども慣れてきましたね。

集中した後のティータイムでリラックス。
今日はパリ・ブレスト!
シュー生地の間にクリームとバナナが入っています。
KIMG1285 (2)

とてもおいしかったです。ごちそうさまでした。

完成作品を枠から外し、アイロンで色止めをし、
裏打ち紙を貼り、これで額装もOKです。

ゴールドの線がゴージャスですね。
1-2502-250
真樹さん250KIMG1286-250.jpg
4-250

皆さんの力作
どれも素敵!

次回も楽しみです!

スポンサーサイト
キューバ

Cienfuegos

シエンフエゴス
シエンフエゴス(30×30cm)

個展で展示予定の、その他のキューバの作品です。

キューバの首都ハバナから約250kmの
シエンフエゴスという街に行きました。

フランス系移民によって作られた街ということで
他の街とは少し雰囲気が違いました。

街の中心、ホセ・マルティ広場は白やパステルカラーの建物
で囲まれヨーロッパの雰囲気で、木陰のベンチで居眠りの人も。
00222066.jpg

00222075.jpg

海沿いのエリアはヴィラやホテルが並び静かでした。

00222009.jpg
00222007.jpg
00222001.jpg

Caribbean sunday
Caribbean sunday (30×30cm)

馬車も日常の交通手段。
一度くらい乗ればよかった。
暑い中、街中歩いて回りました。

00222032.jpg

ホテルからの眺め。
00221035.jpg
00222040.jpg

現地でCDを何枚も買いました。
ジャケットが水に濡れてフニャフニャになったままのも、
ここでしか手に入らないと思って買いましたが今は行方不明に。

DSC00348.jpg

ちょうブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブが流行っている頃でした。
もうだいぶ前のことですね。
音楽を聴くとキューバでの時間がよみがえります。

キューバの作品はこちらに掲載しています。

ちなみに、他にシエンフエゴスを描いた作品は
Villa by the bay
パームツリーの木の下で
The moon on the bay
Villa Elena
です。

あの頃より今は行きやすくなったと思います。
また行ってみたいです!

今度は音楽三昧で!







作品

シルクに描く ”Island of music"

キューバを題材にした作品のひとつ
”Island of music””の制作時の動画があるのでご紹介します。

まずは下絵を用意します。
ここまでが一番時間のかかる部分です。

DSC00335.jpg

シルクを木枠に張り、
横の下絵を見ながら、チューブに入った糊のような
グッタと呼ばれる液体でフリーハンドで線を入れています。

以前は、図案のように線をコピーするだけなのがいやで
こうしていたのですが、

大きな作品の時は、かなり難しいので
最近は、布と同じサイズの下絵を作り、
シルクの下に置いてそれを見ながら線を入れています。

これでかなりの時間とシルクのロスが
減ったかもしれません。

この線は、色を塗った時、
染料が流れ出るのを防ぐ防波堤の約目をします。



そして彩色です。

グッタの色は色々ありますが
透明なものを使っているので
見えにくいこと.この上なしです。

ひとつのパーツごとに塗っていきます。
空や海など大きな部分から先に済ませていくことが多いです。



私はほとんど立ちっぱなしで、
集中するのでお腹に力が入ります!

もう少し詳しい説明はこちらを。

シルクペインティングって何?と言われることが多いので
いろいろ紹介していきたいと思います。

ではまた~。


個展

個展開催予定のお知らせです。

■旅する日常”太田久代”シルクに描いた絵画展” 

6月の井筒屋小倉店での個展まで1か月を切りました。

★6月7日(水)~6月13日(火)福岡県北九州市 井筒屋小倉店新館7階美術画廊
   
シルクの原画と版画(ミストグラフ)を合わせて展示、販売します。
 
   
その後の予定は以下の通りです。

★7月12日(水)〜7月18日(火) 沖縄県那覇市 デパートリウボウ7階美術サロン

★8月09日(水)〜8月15日(火) 福岡県福岡市 大丸福岡天神店本館6階アートギャラリー

★8月18日(金)〜8月24日(木)岡山県倉敷市 天満屋4階アートサロン 

スケジュールは変更になることもあります。

原画 ”Island of music” 30x30cm.
日常的にどこにでも音楽があふれているキューバ。大好きになりました。
Island of music30x30



京都

お茶の緑と木々の緑と

今度は、人が多いことは承知で
少し足をのばして宇治へ行ってみました。

お茶の中村藤吉の宇治川に面したお店からの気持ちの良い景色。
KIMG1173.jpg

お茶のお店やカフェが並ぶ平等院までの参道は
ちょうどお昼時ですごい混雑。

着いてすぐに、まだ行列がないお店でランチを済ませました。
1000円ランチを食べて、もう待つ人が増えてきたので早々にお店を出ました。
KIMG1159.jpg

KIMG1164 (2)

どの店先にも藤の花が美しく咲いています。
KIMG1172 (2)
KIMG1179 (2)

抹茶生ビール?
KIMG1176 (2)

平等院の境内の藤棚が見事です。
ここも長蛇の列なので拝観はまたの機会に。
KIMG1184.jpg

ぶとぶらと歩いて
KIMG1175.jpg
KIMG1192 (2)

朝霧橋を渡れば世界遺産の宇治上神社です。
KIMG1212.jpg
KIMG1213.jpg

そのお隣はお茶の伊右衛門の福寿園 宇治茶工房。
KIMG1218.jpg
1階はお茶や茶器のお店と資料館。
2階は抹茶作り体験や、喫茶、食事ができます。
KIMG1219 (2)

ここも1時間待ちでした。

とりあえず敷地内の自動販売機でペットボトルの伊右衛門を。
当然伊右衛門のみ。
KIMG1220 (2)

飲んでびっくり!こんなにおいしかった?
ここだけの特別なボトル?そう感じただけでしょうか?
後で同じものを他の場所で見ると少し安くキャップの色もちょっと違ってましたが・・。

川沿いに歩くとお茶の無料接待とあったのでそれに
つられて入ると美味しい冷茶を頂きました。

よく見るとここは宇治茶道場というところで
お茶の入れ方を学べる”世界で一つの喫茶室”とあります。

おいしいお茶の入れ方、飲み方を丁寧に説明してくれます。
煎茶と抹茶のセットで¥500。
生菓子などはありませんが\150でちょっとした甘いお菓子があります。

自分で茶せんを使って抹茶を泡立てます。 
濃くてクリーミー、おいしいです。
KIMG1226.jpg

宇治川を見ながらゆっくりお茶を楽しめました。
あっ、グリーンと赤もいいですね!
KIMG1227 (3)

このあと伊藤久右衛門本店へも寄りましたが店内は
買い物をする人と茶房を利用する人であふれていました。 
お茶を使った様々な商品は見るだけでも楽しい!

どこを見ても抹茶のグリーンと新緑のグリーンに癒された一日!
今度はどこへ行こうかな?

仕事柄、土日や連休も普段と変わらないのですが
天気がいいとやっぱり出かけたくなりました。

また明日から新しい1週間です。
Have a nice week!